高知市 土地 売却※築35年の古家有り・道路幅が狭く売れない?

現在、高知市にある土地を売却する予定でいます。

当方の土地は、先祖代々受け継いできたもので、父から私へと相続されました。

今も父が住んでいた古い家が老朽化しながらも残っており、築45年が過ぎようとしています。

売却にあたって心配なのが、もはや一銭の価値も無いと思われる家が建っていることと、土地に対して西側一方だけに面している道路の幅(幅員)が3mほどしかないことです。

<土地の詳細情報>
・面積230㎡(70坪)
・土讃線の駅よりバスで10分(バス停より徒歩2分)
・西側のみ道路に面す

建物を新築するにあたって、4m以上ある道路に土地の一部が2m以上接していないと新築する許可が下りません(これを接道義務といいます)

もし4mに満たない土地の場合はセットバックといって敷地の一部を道路にすることにより4m幅を確保することで建築が可能になります。

相談者様の土地は幅の狭い道路に面しているようですが、以上のような措置を取れば新しく家を建てることが可能ですので何も心配はないでしょう。

古い家が建っている件も解体しないで売却するケースが多いので特に心配なさらないで平気かと思いますよ。

ただ、多少マイナスの要素を持った土地ですので、不動産屋選びは慎重になさったほうが良いですね。

※下記のイエイでは優良な不動産会社だけが登録されている不動産査定サービスです。

tochi_oshirase
tochi_iei
tochi_700
kuchikomi_w
kuchikomi_m
iei_me.min
tochi_bannar
サブコンテンツ
 

このページの先頭へ